ユーザーのタイミングに合わせて成約につなげるセグメントメール送信が可能

ユーザーの閲覧履歴や関心度をチェックすることが可能

マーケティングオートメーションは導入することによって、ユーザーそれぞれに適切なアプローチをすることが可能となります。例えばユーザーの閲覧履歴からどのようなサービスや商品に関心を持っているのか、今のタイミングで自社のサービスや商品を必要としているのかなど、1人1人のユーザーの情報を収集することが可能です。その上でユーザーにとってどのタイミングが成約につながるのかを測ることもできるようになるため、より成約につながりやすいタイミングを予測してセグメントメールを自動的に送信してくれます。 このようにただ無造作にセグメントメールを送るのではなく、ユーザーの情報から計算したタイミングに合わせてセグメントメールを送ることができる点は、マーケティングオートメーションのメリットとなっています。

ユーザーのタイミングに合わせられるところがポイント

このメリットの大きなポイントとなっているのが、ユーザーのタイミングに合わせることができる点です。自社のタイミングでセグメントメールを送ったとしても、ユーザーがそのサービスや商品、情報を必要としていなかった場合は成約につながりにくくなります。また対象となるユーザーは企業であっても個人であっても膨大な量になりますし、それぞれ求めているタイミングが異なります。しかもユーザーによってタイミングがいくつもある場合や、一瞬しかない場合も珍しくありません。このようなユーザーのタイミングを多く逃してしまうと、それだけ利益を得るチャンスも逃してしまうことになるのです。 さらに自社が情報を提供したいタイミングとの兼ね合いもマーケティングオートメーションで自動化することができるので、より多く成約につなげられるセグメントメール送信が可能となります。