企業の現状の課題をヒヤリングして明確にする

課題を明確にすることで方向性をしっかり定められる!

マーケティングオートメーションを導入し、売上や利益率アップを目指したいと考える企業も多いかと思います。その過程には色々欠かせない事項がありますが、現状の課題をヒヤリングして明確にするという特に大事な過程があります。その最大の理由が、課題をヒヤリングし明確にすることにより、マーケティングオートメーションの方向性をしっかり定めるためです。

マーケティングオートメーションは単に導入するだけでなく、自企業のどこが弱点で、それを克服するために必要なものは何かといった、方向性を持って導入しなければなりません。その方向性により、導入しなければならないシステムは大きく違ってくるためです。極力多くの社員からヒアリングを行い、課題克服のために必要なマーケティングオートメーションシステムをピンポイントで選びましょう。

導入のためのヒアリングの方法とは?

では、マーケティングオートメーションシステム導入のための社内ヒアリングはどう行えばよいのでしょうか。まずは、システムの導入とあらかじめ伝えず、今の業務について気になる点をヒアリングするということから始めるという方法があります。始めからシステム導入にあたってのヒアリングだと伝えると、各部門等の思惑が入ってしまう可能性があります。 そのヒアリング結果を基に社内の現状課題を判断し、どんなシステムがよいかいくつか候補を絞っておき、改めてヒアリングをするとよいでしょう。それ以外にもはじめから会議を行い導入すべきマーケティングオートメーションシステムを議論したりと、企業の規模等に応じて適切と思われるヒヤリング方法は異なります。いずれにせよ、的確に現状の課題を知ることが、マーケティングオートメーションの成功につながります。