見込客の行動追跡ができるトラッキング機能が装備されている

マーケティングオートメーションを導入するメリット

マーケティングオートメーションを導入することで、主にデータなどの統合管理や、見込客の通信状況を常時監視するトラッキング機能を装備することができます。たとえば、名刺や名簿などバラバラになりがちな見込客の情報やデータなどについて、統合することができるので管理がしやすくなるでしょう。また、トラッキング機能によって、見込客の行動追跡もしやすくなります。過度な営業(メールや電話など)は、見込客を遠ざける要因の一つです。しかし、マーケティングオートメーションによって、見込客が不快に思うことのない適切なタイミングで情報を提供することができるため、購買につながる可能性も高くなります。また、トラッキング機能によって、購買意欲が高まったシグナルに気付くことができるため、接触することなくそのまま放置され、その結果、他社へと移ってしまう、といったことを未然に防ぐこともできるでしょう。

トラッキング機能がもたらすこと

では、トラッキング機能によってどのようなことが、もたらされるのでしょう。たとえば、キャンペーンメールを既読している見込客が同じ内容の広告をみていることがわかれば、積極的なアプローチ(営業)をすることができます。一方、商談に失敗してしまった場合でも、別の製品やサービスに興味を持っている行動を追跡できれば、それについてのキャンペーンメールを送るといった対応も可能です。見込客が求めている情報や製品・サービスへの興味に気づくことができるので、的確にアプローチしやすくなるでしょう。また、マーケティングオートメーションの導入によって、見込客の購入意欲が高まった時期を見計らって、営業などのアプローチができ、営業担当者に特別なスキルが必要なくなります。そのため、営業成果を出すまでに要する労力や時間についても省くことができ、生産性の向上も期待できるでしょう。