マーケティング部門だけでなく、営業部などの他部署とも連携して検討する

システムの導入前に各部門の責任者によるミーティングを行おう

マーケティングオートメーションは、顧客のターゲットを絞ったり、販促活動を効果的に進めたりするうえで欠かせない取り組みとして注目が集まっています。本格的にマーケティングオートメーションの導入実現に向け社内に必要なシステムを検討するうえで、日ごろから各部署の責任者によるミーティングを実施して、現場内の問題点や解決策について意見を交わすことが大切です。最近では、パソコン操作が苦手な人や情報処理の専門スキルが無い人でも使用できるマーケティングオートメーションのシステムが続々と登場しています。そうした状況において、業務に支障が出ないようにするうえで、なるべく実務に見合ったシステムを選定することが肝心です。

各部署で実際にシステムを扱う従業員に対する教育も必要

マーケティングオートメーションの必要性についてマーケティング部や営業部などの従業員に正しく理解させるには、システムの導入前に徹底した教育を行うことも重要となります。特に、個々の社員がマーケティングオートメーションのシステムを使いこなして顧客獲得や市場開拓といった重大な課題に対応できるようにするには長い期間が掛かることもあります。そこで、日ごろから部署を超えて従業員同士がマーケティングオートメーションの基本的なシステムの機能について学習をするのはもちろんのこと、場合によってはIT関連企業などのプロにサポートをお願いするのも有効です。なお、マーケティングや営業に携わる従業員を中途採用する場合は、マーケティングオートメーションに関する高度なスキルを持つ人材を優先的に獲得するという方法もあります。