個人を特定してアクセス解析を行えるアクセスログ分析機能が充実

アクセスログ分析機能とは

マーケティングオートメーションを導入するメリットの一つに、アクセス解析をすることができるアクセスログ分析機能が充実しているというものがあげられます。アクセスログ分析機能とは、企業が作成したホームページにだれがどれだけの時間滞在したのか、またどのような順番でホームページを閲覧したのか、閲覧した人は実際の購買にまで行動を移したのかという行動履歴を調べる機能のことです。メールにおけるマーケティングならば、受け取ったメールをどれだけの人が開封しているのか、いつ開封したのかといったことも解析することができます。

つまり、アクセスログ分析機能とは、企業が行ったマーケティングが見込みユーザーにどのような影響を及ぼしているのかを調べることです。

アクセスログ分析機能とマーケティング

アクセスログ分析機能があるということは、マーケティングを効率的に進める上で非常に重要な要素です。マーケティングオートメーションを導入することで、マーケティングにおけるスタッフの手間は多いに削減されましたが、それでも様々な手順や手間が必要であることには変わりありません。より購買意識が強いであろうユーザーに対して効率的なマーケティングを仕掛けていくことが必要です。アクセスログ分析機能はこれに役立ちます。アクセスログ分析機能を活用すれば、見込み客を特定しやすく、その人に向けて特にマーケティングをおこなえば効率的に売上に貢献することが可能です。 また、ホームページを訪れた人の行動を分析することができれば、より効果的なホームページを作成する際に役立ちます。